« 首の筋がっ | トップページ | 体力とラブソング »

2011年10月27日 (木)

温州みかんとポタージュ

みかんを買った。

愛媛の友達からもらったみかんが忘れられず、僕は必ず愛媛産のみかんを買う。

もらったみかんは、ポンジュースを上回る甘味と酸味に溢れていた。
その幻のみかんを求めて僕は、愛媛のみかんを買い続けている。

今回買ったみかんはコレ
↓↓

小ぶりだが、なかなかジューシーな味わいだった。
だけど、幻のみかんには程遠かった。
残念down

ここで少し、みかんについて語ろうと思う。
みかんは1200年前に中国から渡り、日本で栽培するなか突然変異により種なしみかんが生まれた。
これが一般的には「温州みかん」と呼ばれる。

てことは、僕らが普段口にしているみかんは、偶然の産物という事になる。

僕がもしみかん農家だったら「奇跡の味わいを皆さまへ」とラベルに書き、その由来をポストカードにして販売する。

きっと爆発的に売れるだろうsign01…と思う(笑)

という訳で、僕は幻のみかんを探し続けている。

でもここまで来ると、目黒のさんま状態かも知れないなcoldsweats01

さて、これ以上みかんの話をすると、みかん嫌いな人にとっては拷問になってしまうので、話題を変えたいと思う。

最近の市販品は凄い。
インスタントのくせに、一流レストランの味を越えるものもある。

先日、横浜のクイーンアリスというフレンチレストランへ行った。
ここは有名なフレンチの鉄人の店である。

フォアグラと冷スープが美味しかった記憶が残ったが、それをはるかに凌ぐ商品を発見sign01
1・2・3…コレだっsign01
↓↓

味の素のクノールから、
「クリームオニオンポタージュ」

オニオンの甘い香りとチーズが折り重なり、絶妙な旨みがハーモニーを奏でる。
これは一流の味sign01

ぜひオニオンスープ好きの方は試して欲しい。

ちなみに、僕はここに少量のオリーブオイルを加える。
地中海の風が、スープに深みを運んできてくれる。

ちなみに、写真後ろにあるのはトマトスープ。
これまた濃厚な味わいだが、クリームオニオン程の感動はなかった。
元来、トマトはあっさり感を出すものだから、濃厚な味とミックスさせるのは難しいのだろう。

と、インスタントスープに熱い語りをしてしまいましたが、今日はこれくらいでsmilepaper

さて、今日の曲は浮気すると毒入りスープを飲まされちゃうこの曲sign01

http://www.youtube.com/watch?v=re3PzspwEWo&sns=em

|

« 首の筋がっ | トップページ | 体力とラブソング »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1508724/42713995

この記事へのトラックバック一覧です: 温州みかんとポタージュ:

« 首の筋がっ | トップページ | 体力とラブソング »