« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

2012年5月

2012年5月30日 (水)

ヒップホップまとめ

今日は最終日。

ヒップホップがまとまりました。

振りは、噛めば噛むほど深い内容だったので、もう少しやりたかったです。

昨日のコスパを、疲労のため休んでしまったので、今日は気合いが入りましたup

うーむcatface
アイソレーションもっとやらねば…

で、体が軽くなってきたので、帰りがけにc-walkを一時間ほどrunrunわっはっはーsign01

なんか、動画から見つけたこの2曲が頭から離れません( ̄▽ ̄;)

Claude Kellyの「Better」

http://m.youtube.com/watch?gl=JP&hl=ja&client=mv-google&rl=yes&v=HpVzKjXdet0

Karminの「Take it away」

http://m.youtube.com/watch?gl=JP&hl=ja&client=mv-google&v=PRiH8FfXoiE

ええわぁ(つ´∀`)つ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年5月25日 (金)

3日3週間

あぁ、キツい。

あぁ、だるい(´Д`)

3日、3週間、3ヶ月とはよく言ったもので、だるさMAXです。

なにがって?catface

筋トレ(主に腹筋)して3週間。

アイソ集中して3日。

出来ない訳じゃないけど、ダルい。

めっちゃダルい。

四六時中やっていただけに、飽きてきてます(笑)

でも、3ヶ月やらないと筋肉にならないsign01と自分に言い聞かせるしかない。

で、上半身の筋トレを今日より追加します。

①筋トレ(腹筋)〜8月3日まで

②アイソ〜6月22日まで(締めるやり方を試してみる)

③筋トレ(上半身)〜8月25まで

強化期間とします。

詳しくは後日catface

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月24日 (木)

もやし丼

今日はレイクでリトモスでした。

きよみ先生も復帰して、ガガ特集のスタートですsign01

お初のコリオもあって、なかなか動けなかったけど、shimmyさんが別人のように踊る姿にパワーを頂きました。

あ、それから、きよみ先生のレッスンを受けて一年半、初めての出来事。

振りが抜けた一瞬。

レアな体験、ありがとうございます(笑)あざーす( ̄▽ ̄;)

リトモス、ハードながら楽しかったですnote

定番の、ダンスホール・ペアの笑えるやつ・クールダウンのダンスっぽいやつ。
期待してますheart01


さて、話題は変わって、3分間クッキングの時間です。
チャッチャラ、チャラチャラ、チャッチャッチャーnote×3

今日のメニューは、もやし丼です。
安い、早い、栄養あり(満点ではありませんcoldsweats01)の三拍子sign01

グラフにしましょう。

早い★★★★
安い★★★★★
栄養★★★

ついでに、

ヘルシー★★★★★
おいしさ★★★★
満腹感 ★★★★★

高得点です。
どうでしょう?

てっちゃん特製、もやし丼の作り方。

①フライパンを温めて、油をひく。
②もやし、玉子、塩コショウ、豆板醤、コチュジャンを入れて、ぐちゃぐちゃ炒める。

以上sign01

( ̄▽ ̄;)何か?

一応、味噌汁も作ったよ

マルコメのだし入り料亭の味。
この味噌うめーsign01

あと、生の大根。
ザクザク切って、マヨネーズをべとべとつけます。

まいうーsign01

そして、食後のバナナ。

いささか食べ過ぎっぽいけど…まぁいっか(笑)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年5月13日 (日)

握手

やりたい事があったら、それが達成した自分を想像するべしsign01

…とは言いつつも、でも・どうせ症候群に襲われてしまう。

ならば、目標は高く夢見た方が、楽しいんじゃないかsign02と思う、今日この頃でございますsmile

先日のお台場ミーティングより、楽しい目標を持ちましたnote

「腕立て伏せ立ち〜腕のみバージョン」
「しゃがみ片腕立ち」

の2項目です。

前者は普通の腕立て伏せの態勢から、足を浮かせるっていうのがポイントですflair
というか、腕よりも腹筋と背筋がキツいですcoldsweats02

後者は、どうやら簡単らしいですが(笑)、見た目よりもキツくて、自分の体重を何度も呪いましたshock

あまりに難易度が高いので、完成は二年後の平成26年5月までにします。

バランスと筋力が、強烈に必要とされますが、出来たらカッコいいでしょsmile

実際にその技を目の当たりにして、出来るんじゃないかsign02と勘違いしまくっておりますgawkshineキリッ

さて、もうひとつシャッフルミーティングで得たもの。

それは握手。

初めて会った人。そして別れ際。

握手と笑顔でコミュニケーションを交わしました。

相手の目を見て握手。
そして笑顔で挨拶。

なんとなく外国人っぽい仕草で、少し照れてしまいましたが、とても心地いい感じがしました。

ぜひ真似したいと思いますsign01

皆さん、僕から逃げないで下さいねっ(笑)

話は変わって、今日のリトモス。

暑く、熱く、アツーく盛り上がりました。
よっこ先生、お疲れさまでしたsmile

あっsweat02握手忘れた

…次回からね(笑)

追加

ななちゃんオススメ動画

http://m.youtube.com/watch?desktop_uri=%2Fwatch%3Fv%3D_XLGYxeL1iQ%26feature%3Drelated&feature=related&v=_XLGYxeL1iQ&gl=JP

↑↑ケータイmobilephoneだとキレイに見れます。

すげーっ(゜o゜)


やっぱ、この二人凄かったんだflair

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年5月11日 (金)

おべんとう

GWも終わり、
普通の日常が訪れました。

仕事の話。
本社というものは、人数ばかり多くて、少し面白みに欠けています。

なのに、浦和っちゅう場所は物価が高く…
エンゲル係数上がりまくりーww

仕方なく、弁当持参sign01

チャーハンも3日目となり、腕がアップしました。

どうよコレgood
↓↓

卵に玉ねぎ、塩コショウにチャーハンの素を混ぜて、ラストは長ネギをバランスよく配合。
化学の実験みたいです(笑)

試食したら、あまりに美味しくて、明日の弁当が今日の夕飯になりましたsmile

で、味噌汁は大根の葉っぱです。

写真にはありませんが、大根を刻み、キューピーすりおろしオニオンドレッシングをかけたサラダで締めました。

以上sign01

夜寝(20:00〜23:50)して、眠れーん( ̄^ ̄)

sweat02
腹筋やらないとsweat02
だりーっす( ̄▽ ̄;)

なんの曲にしよっかな
ジェニファーロペスのPAPIにすんべ〜notes

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年5月 7日 (月)

GW〜日記

さて、飛び石の6連休も最終日。
明日から仕事かぁsweat01

なんだかんだヒマだと言い続けていながら、それなりに楽しく過ごす事が出来ましたnote

まずは、29日と30日。
寝まくりの二日間。
だって、1日と2日は仕事なんだもーんcatface

で、1日。
仕事を定時で終えて、ヒップホップ。
ハードな内容でしたが、振りもやりごたえがあってグッドgood
動画撮ったので、覚えたい人は声かけて下さい。
あ、僕のへなちょこ動画です(笑)

そして2日。
よっこ先生のリトモスです。
2回目のレッスンでしたが、ノアの方々も参戦されて賑やかなレッスンになりましたsmile
といいつつも、はちまきさんの声だしは、やはり素晴らしかったですshine
そして、今日も美女に囲まれ、照れ気味のレッスンになりました。
ねーnoteきくちゃんhappy02
セクシーダンスの表情、最高でしたよん(笑)

その夜、久し振りに夜更かししましたshine
い○げやで、AM2:00まで練習です。
満足度100%up

3日。
寝まくった後に、ゲーセンへ向かってrun
某音楽ゲームに没頭。
10段の腕の見せどころですgawkshine

4日。
そうじ機が届きました。
これでやっと、部屋のそうじが効率的にこなせます。
僕はレレレのおじさんと化して、そうじマシーンになりましたcatface

5日。
ぐうたらしながら、そうじが続きます。
そうだflair
3日から、筋トレを再開しました。
とくに腹筋sign01
形だけでなく、バランス強化の為に、まずは3ヶ月続けます。
経験上、1ヶ月くらいじゃ筋肉が張るだけなので、長期計画を立てますmemo

まりんちゃんのお店で、シャツを買いました。
さすがセンスいいですねup
2枚とも、お気に入りですwinknote
まりんちゃん、来週の火曜が楽しみだねっ(笑)

6日。
連休最終日。
キレイになった部屋で、ぶり大根を作ります。
なんか最近、料理の腕が上がったみたいup
でも…
いいのかsign02オレ?(笑)

ブログチェックして、きよみ先生のマイケルダンスを楽しみにしつつ…

連休最終日を、c-walkで締めましたnote

あ、オチがあったんだ。

ダンス中、吉川K察様がいらっしゃって、
「あ、いつものダンスしてる人だよねsmile

僕「はいsweat02そうです」

ホント、市民…いや町民の為に、いつもご苦労様ですsweat01

その方も含め、素晴らしい明日が訪れますようにっsign01

5月、頑張るぞーsign01sign01

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年5月 6日 (日)

GWヒマ企画〜その3

はい。ラブストーリーいいですねーheart01うふっ

てな訳で、少し趣向を変えて3連発行きまーす。
〜'2009の作品ですwink


「マカYEAH!!」

マカとの出会いから数年が経ちましたので、まず当時の記事から…

マカ〜Yeah!!〜2006

ここ最近、連日連夜の残業で精神的にも体力的にも限界がきている。

そして、いつも朝に寄る店でマカを見付けた。

とりあえず、一日目。

AM 9時
マカを3粒服用する。
効果がないので、夕方に追加2粒服用した。
夜、少し体がほてった。

そして二日目。

朝にマカを4粒服用する。体は特に以上なし。
ただ、だるさはあまり感じなかった。

来るべく三日目の朝。

キター!! (゜ロ゜;
YEAHー!
…下ネタなので以下略。

昼を過ぎても、何故か力が溢れてくる。

体というより、精神的にバイタリティが持続している。

20才の頃に感じた、あのエネルギーを思い出した。

眠くなると、YEAH!!
少し疲れるとYEAH!!
朝もYEAH!! 昼もYEAH!!
マカ、YEAHーー!!

意外だったのは、あまり疲れない為に、夜になっても疲れYEAH!!が消えたこと。

それから、マカを続けて現在5日目。

癖になって常用したくないので、今日で一時中断する事にした。

マカ…アンデス山脈に生える人参と大根を混ぜたような植物。
粉末にしてコンビニで発売中。


…はいcoldsweats01
今読み返しても、お恥ずかしい内容ですが、効果は絶大でしたupup

そして今や…

それから、マカは原末の天然もの(定価8900円)へと変わり、黒にんにくと併用したりしておりますsmile

きっと僕のバイタリティは、マカの神様から譲り受けたものでしょう。

小話をひとつ。

マカは1900年代初め、南米の軍隊の気つけ薬だったそうです。

生のマカをがっつり食べた兵士たちは、意気揚々とこう言ったに違いありません。

マカYEAH!!


「イルカと僕の関係」

僕とイルカは不思議な糸でつながれている

その糸は時間をかけてゆっくりと、僕とイルカをたぐりよせてきた

気付かないうちにゆっくりと

最初にイルカと遭遇したのは5才の夏の鴨川シーワールドだった

その時、イルカのショーで彼に触れたその瞬間から、僕と彼はつながり始めた

イルカは超音波を使い、数キロ先の仲間と交信出来るそうだが、僕らは陸を超えて通いあっていた

そう思える出来事が起こった

あの出会いの日から、僕はよくイルカの夢を見た。
一緒に泳ぐ夢だった

そしてある時、僕はいつもとは違った夢を見た。
それは彼らと生活を共にしている夢で、そして彼は夢が醒める少し前に、僕に別れを告げた。
言葉は喋らないが意思として伝わってきた。

朝起きると僕は泣いていた

そして数日後、イルカに会いに行くとだだをこねる僕を両親はみかねて、鴨川シーワールドへ行く事になった。

だけど、僕はイルカのショーをみても全然楽しくなかった

彼がそこにはいなかったからだ

僕は彼の姿を憶えていた訳じゃなかった。

でも、不思議とわかった

それだけは、覚えている

それから、彼に会うことはなかったが、不思議な事が起こる様になった。

水族館のガラス越しに、僕が頭の中でイルカを強く呼ぶとイルカが近付いて来たりした

強く呼んだ瞬間にターンをしてこっちに来るのだ

明らかにおかしいと思った

そして、ある日ジュゴンの水槽で「おなかすいたなぁ。遅いなぁ」と子供の声が聞こえた後、係員からイワシの餌が配られた時は、驚きを通り越して少し怖くなった。

もちろんまわりに子供の姿はなかった。

そして、臆病な僕は水族館には近付かない様になった

そして、19才になった僕は女の子とのデートで水族館に行かなければならなくなった。

イルカの声は聞こえなかった

だけど、帰りのおみやげコーナーで見たイルカのペンダントが不思議と懐かしく思えて、つい買ってしまった

それから、嫌なことや緊張が止まらなかったりした時にそのペンダントをすると、何故か悩みや緊張は解消された

あれから、15年
僕は夢を見なくなった

でも、木製のイルカのペンダントはまだ、僕の目の届く一番近い場所にある。


「恋人とパスタ」

僕らの時代には、初デートに食べちゃいけないもの。

それがパスタだった。

理由は簡単。
きれいに食べる事がとても難しいから。

だけど僕の恋人は、最初のデートにも関わらずパスタを注文していた。

食べ方が、特別に上手な訳でもなかった。

彼女はとてもパスタが好きだった…(T-T)

おかげで僕は、何種類ものパスタを食べる羽目になった。

きっと僕の食べたパスタをつなげたら、山手線一周できるんじゃないかと思うくらいだった。

パスタは確かに美味しい。ボンゴレ。トマトソース。ソルトソース。どんなソースにも絡み合い、なめらかな麺は絶妙なハーモニーを奏でる。

ヨーロッパの方々はそれで幸せを感じるかも知れない。
…が、僕は生粋の日本人だった。

みそ汁を愛していた。

彼女とは、その後たわいもない喧嘩で別れた。

けど、あまり悲しくはなかった。

もしかしたら、それはパスタ生活から解放されたせいかも知れないですね(笑)

あれから15年。
日本のレストランもレベルが上がってきました。

先日、ベルパエーゼというイタリアンのファミレスへ行きました。
イタメシの良い所は、どの料理もすぐ出来て素材の味が生きるところ。

ひさしぶりに美味しいパスタを頂きました。

山の手線一周は達成されたかも知れません。

オリーブオイルの香りに包まれて、地中海の景色が見えてきそうな夕食でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

GWヒマ企画〜その2

そして、パート2sign01
〜'2006.6より


梅雨の1ページ

こじんまりとした洋風の居酒屋で僕は煙草に火をつけた。

その頃の僕は恋がしたかった

…間違いなく

愛想のないバーテンダーは、カンパリ・グレープフルーツを僕に手渡した

店内では、ラブバラードが流れていた。
“If hold on together”

そのせいだったかも知れない

戻ってきた彼女に僕が発した言葉は、
『好きになったかも』

そして彼女はいたずらっぽく笑ったあとで、
「私も、好きかもっ」

止まっていた砂時計が音を立ててゆっくりと動き始めた瞬間だった


僕たちは、性格から趣味や価値観まで違っていた

ただ、一つだけ共通点があった
それはクローバーのアクセサリーを持っていることだった

彼女は冗談を言う時、下からじっと覗きこむ癖があった
その仕草が僕はとても好きだった

僕たちのデートは、梅雨の時期のせいか雨が降っていることが多かった

そして同じカサに入って仲良く街を歩いた。

だから、僕の右肩はいつも洗濯したばかりの服みたいだった

僕らにはカサは1本だけでよかった。

あたりまえが、あたりまえでなくなる時に恋は終りを告げていく

僕の右肩が雨で濡れなくなってきた頃、あまり彼女とは会わなくなってきた

そして、久しぶりに会った僕らは少しぎこちなく話をした

『最近はどう?元気?』

「うん。それなりに…ね」

たわいもない話をした後、僕はきりだした。

『占いって信じる?』

「うん。どうして?」

『よく当たる占いがあるんだ』

僕はポケットからクローバーの束を取り出した

『これで花占いをする』

「だって、これじゃすぐに…」

『だからよく当たる』
僕は少し笑った

『じゃあ、最初に好きか嫌いか言ってみて』

彼女は少しためらった後、「じゃあ、好き?」

『ほら…好き、嫌い、好き。好きになるんだってさ』

僕はクローバーを1枚ずつ数えた。


一瞬、不思議そうな顔をした彼女は少し笑って、
「それじゃ嫌い」

ここぞとばかりに僕は4つ葉のクローバーを彼女に手渡した

「本当によく当たるの?この占い?」

『ああ、もちろん。僕たちは、もしお互いが嫌いになってもクローバーがふたりを再び引きよせてくれるんだ』

僕はいつも持っているクローバーのキーホルダーを彼女に見せた

「それじゃ、安心ねっ」
いたずらっぽく笑った後で彼女はいつも財布につけているクローバーのキーホルダーを僕に見せた

外は雨がやんでいて、夏のにおいがしていた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

GWヒマ企画

えーと。
連休は予想通りヒマなので、昔のブログにあったやつを載せてみます。

ズバリsign01
ヒマな方はどーぞcatface企画memo
まずは一発目sign01
〜2005.12より
↓↓

小さなラブストーリー

小さな物語です。

街はイルミネーションにつつまれて、誰もが忙しそう。
僕も寂しさを埋めていく為か、予定を意味もなく詰め込んでいた。

去年の冬以来、彼女とは会っていない。
最後の言葉。
「好きだからもう会いたくない。だから、会えない」

僕も最初は意味がわからなかった。
あれほど同じ時間を過ごし、僕らの気持ちは通じていると思っていた。
確かに振り回されていたのは僕の方だったのかもしれない。
だけど、その挙句さよならなんて。
そんな彼女だったが、僕は確実に彼女の事が好きだった。

なぜなら彼女は、僕の価値観を変えるくらいの魅力を持っていたから。

僕は彼女の笑顔が好きだった。

でもきっと、それはありふれた事で誰もが経験した事だったのかも知れない。

僕は彼女といる時、気が付くと彼女を見ていた。
ならんで街路樹を歩いていた時や、レストランで食事をしてた時。そして帰りの電車の中。

僕は彼女の笑顔が見たくていつも笑っていた。

笑顔で溢れていた。

あの夜までは…。

その日は雪が降る予報があった。
一緒に初雪を見ようと連絡を取ったが、彼女は友達との約束が断りきれず、僕は仕方なく街を歩くことにした。

初雪が新宿の街にも降り注ぎはじめた。

アルタの前にある看板灯には雪がまじってカップル達には最高なシチュエーションとなった。

そこには彼女が会うはずだった友達がいた。
友達は、恋人と楽しそうに肩を組んで歩いていた。
一瞬、友達と目が合って、友達は何か言おうとしていたが、戸惑った僕はその場から消えた。

そして一年が経った。
もちろん彼女とは連絡をとっていない。
いや、厳密には一度だけあった。
あの次の日、電話が鳴り
「好きだからもう会いたくない。だから会えない」
この一言を残し彼女は消えた。

そして今日この新宿の街に初雪が舞い降りてきた。
僕は何故か同じアルタ前の看板灯を歩いていた。

そこにはマフラーを巻いて少し寒そうにしている彼女の姿があった。

僕が近づくと彼女も気付いたみたいだった。

「あなたの事だから、きっと今日はここにいると思った。」
僕は微笑んだ。
彼女にも去年と変わらない笑顔が戻ってきた。
「ずっと会いたかった」
この一言で僕には十分だった。

雪は少しずつ僕らを包み、アルタ前はまっ白な銀世界となった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »