« つぶやき | トップページ | break dance »

2013年6月23日 (日)

昆虫博士

僕は、小学校時代に昆虫博士と呼ばれていた時期があった。

それは、とにかく昆虫が好きで詳しかったから。
暇さえあれば、昆虫図鑑を見たり昆虫を追いかけていた。

昆虫の持つ習性や、動きを見ていると生物の進化や歴史を垣間見ることが出来たから。

それに、空を自由に飛ぶことが出来たり、水陸で生活していたり、彼らは自分の身長の何十倍ものジャンプ力を持ってたりした。

もし人間だったら、忍者であり、スーパーマンであった。

その姿を目の当たりにするだけで、僕は感動を繰り返し、飽きることのない毎日を過ごした。

そんな少年時代も過ぎ、さっき仕事から帰ったら、玄関の隅に小さな虫を発見した。

一見トンボに見えるこの昆虫。
実は、少年時代に発見することが出来なかった、激レアな昆虫だった。

ウスバカゲロウと言って、アリジゴクの成虫だ。

アリジゴクは何度か捕まえたが、結局、成虫は見つけることが出来なかった。
でも、形は図鑑で見て憶えていたので、見た瞬間にわかった。

おおっsign01
あまりの興奮に、5分くらい眺めてしまった。
そして捕獲。
30年もの思いを、彼の姿を眺めながら、語りかけてしまった(笑)

きっと彼は、何百匹ものアリを食べて、ここまで成長したのだろう。

梅雨の夜
思いは遠く
過去の日々
それは儚き
カゲロウの夢

五七五七七で、綴ってみました(笑)

食物を取らない成虫は、儚き命。
潔いその生きざまに、風情を感じた今日の夜でした。

|

« つぶやき | トップページ | break dance »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

なんか感動〜(T_T)深い!

数十年ぶりに会えるなんて。

普通の人は気づかないよね!アリジゴクなんて知らないよ!さすが昆虫博士!大きいの?
捕獲して入れる物がすぐあるとこがまたすごい!

昔は新宿にも雑木林もあって昆虫たくさんいたよね。

教室で男子がカナブンの足に糸つけてよく飛ばしてたよね〜。私は怖くて教室に入れなくて廊下で怯えていたよ(笑)


今は3歳の息子と公園に行くとダンゴムシ見つけちゃ小枝で突っついて丸めたりいろいろな虫探したりしています。本当はイヤなんだけど子供の好奇心つぶしちゃいけないし子供の前では怖〜い!なんて言って嫌な顔出来ないし…
夏はいろいろいるから
頑張らないと!!


今年もまたおかあさんといっしょコンサートのチケットが取れたので8月にさいたまスーパーアリーナに行きます!

8月といえばまたお盆にあわせてクラス会やるのかな〜?


暑くなってきたから体に気をつけてお仕事&ダンス&恋heart02(夏は花火大会とかいいよね)頑張ってね〜!

投稿: 磯野 | 2013年6月24日 (月) 22時05分

磯野さん

やっぱ昆虫言ったら俺しかいないっしょsmile
成城高校から水原公園に行く途中に、廃病院があったけど、そこにはカナブンが沢山いたよnote

磯野さんはお嬢さんだからなー
なかなか理解は難しいと思う(笑)

クラス会は、俺しばらく出席してないからビミョーかもflair
やるようだったら、連絡するねーsmile

そう。
熊ちゃんも彼女いないらしいから、一緒に探さないとだねsign01
花火合コンとか(笑)

投稿: てっちゃん | 2013年7月10日 (水) 23時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1508724/52143655

この記事へのトラックバック一覧です: 昆虫博士:

« つぶやき | トップページ | break dance »